パリエット20mg

胃酸過多を防ぐお薬、逆流性食道炎の治療にも使用します。

パリエットは、PPI (プロトポンプ阻害薬)に分類されています。

 

 

胃酸が分泌されるには、胃の壁細胞にアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンといった物質集まり、さらにプロトポンプという場所に作用することが必要です。

 

 

パリエットは、このプロトポンプを阻害することで、胃酸の分泌が起こらないようにさせる薬です。

 

 

暴飲暴食などで胃酸が過剰分泌されてしまう時には、胸焼けや吐き気といった症状が起こります。パリエットは胃酸過多を防ぎ、胸焼けなどの諸症状を抑える効果があります。

 

 

また、近年患者数が増えている逆流性食道炎に対しても有効です。逆流性食道炎は、胃酸過多や腹部の締め付け、妊娠などによって胃酸が食道まで逆流してしまい、食道が胃液の酸にやられてしまう病気です。

 

 

高脂肪食の摂取が原因とも言われていますが、それ以外にもストレス性のものや、妊娠による体型の変化、猫背など姿勢の影響で起こることもあります。

 

 

パリエットは、逆流性食道炎に対しても胃酸の分泌を減らすことで症状を改善させてくれます。

 

 

逆流性食道炎を放置しておくと食欲の低下、吐き気、といった症状だけではなく、食道がんのリスクを高めてしまうこともあるので、はやめに治療することが大切です。