パリエット20mg

胃酸の分泌を抑えて抗生物質の効きを良くしてくれます。

胃が痛む胃潰瘍、食道が胃酸によってやられる逆流性食道炎など、胃に関わる病気は多いです。

 

 

胃はストレスの影響をじかに受けやすく、自律神経が乱れると胃酸過多などの症状があらわれることもあります。

 

 

胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に使われるのが、パリエットです。

 

 

PPI (プロトポンプ阻害薬)のひとつで、プロトポンプという輸送体を阻害することで胃酸が分泌されるのを防ぐ効果があります。

 

 

胃潰瘍や逆流性食道炎では、胃酸が深く関わっています。

 

 

胃酸は塩酸という強力な酸で、いつもは食べ物の消化や病原菌の殺菌の役割を担っています。

 

 

しかし、胃酸の分泌が多すぎると今度は自分の胃を攻撃し始めます。この状態が胃潰瘍や逆流性食道炎を引き起こす原因になります。

 

 

胃酸分泌は、アセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンなどのシグナルが、プロトポンプという場所に集まることで起こります。

 

 

パリエットなどのPPIはこのプロトポンプの働きを阻害して、胃酸の分泌をほぼ完全に止める作用があります。

 

 

また、パリエットは胃がんの原因と言われているヘリコバクター・ピロリを除菌するときにも使われます。

 

 

ピロリ菌除菌の際には抗生物質を使いますが、胃酸があると抗生物質の働きが弱まってしまうので、パリエットによって胃酸の分泌を止めて抗生物質の効きを良くしてあげます。