パリエット20mg

胃にかかわる病気の治療やピロリ菌の除菌にも使われています。

パリエットは胃薬の一種であり、日本では3番目のプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。

 

 

この薬の一般名はラベプラゾールといい、胃酸を強力に抑える作用を持っています。

 

 

そのためパリエットは胃酸を抑えると症状が改善出来るような、胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などの治療によく用いられる薬です。

 

 

パリエットは腸で溶けて体内に吸収され、胃のプロトンポンプという部分に作用して胃酸の分泌を抑える働きをしますが、特に日中の胃酸分泌を強く抑える効果に優れています。

 

 

パリエットの特徴としては副作用が少ないということも挙げられ、起こるとしても下痢や軟便、便秘、頭痛、発疹などの比較的軽めの症状となっているので安心して使える薬と言えます。

 

 

また、パリエットは胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの原因となる怖れがあるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも使われる薬で、ピロリ菌への感染がわかった時に抗生剤とともに処方されることがあります。

 

 

何故、ピロリ菌の除菌を抗生剤だけで行わないかと言うと、パリエットのようなプロトンポンプ阻害薬を抗生剤と併用した方がピロリ菌の除菌率が高まることが確認されているからです。

 

 

なお、パリエットは腸で溶ける薬となっているので、この薬を処方された時には錠剤を噛んだり砕いたりせず、そのまま飲み込むようにして水と一緒に服用するように注意しましょう。