パリエット20mg

胃の治療薬パリエットと抗生剤の併用時の注意・副作用

パリエットは胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に利用する薬の事で、胃酸の分泌を抑制する働きが期待できるものです。

 

 

胃酸自体は胃腸を殺菌する為に必要な物ですが、大量に分泌される場合、また胃壁が弱っている場合などはそれによって胃潰瘍になってしまう事があります。

 

 

また胃酸が逆流すると食道を荒らしてしまう事があります。

 

 

パリエットを利用する事によって胃酸の分泌を抑える事が出来ると、胃壁や食道の荒れを軽減したり改善する効果が期待出来ます。

 

 

抗生剤と併用する事によって、胃腸内での抗生剤の効果がより出やすくなる等も期待できる薬ですが、服用する人の肝臓の機能が低下していると薬の成分の血中濃度うが上昇しやすくなり、副作用が出やすくなります。

 

 

副作用は出にくい薬ですが、気を付けるべきなのが血液障害や肝障害などです。

 

 

また下痢が続くという事も有り、服用によって何らかの変化が出た場合は医師に相談して利用法を検討します。

 

 

重い副作用としてはアナフィラキシーや吐き気、発熱、だるさ等がありますが、これらの症状が出る事は少なく、医師の指示に従って利用する事によって比較的安全に利用する事が出来る薬です。

 

 

ただ服用する人の体質によっても副作用の出方が変わる為、体調の変化を良く見て、定期的に肝臓等の検査をして薬の影響を見ます。