パリエット20mg

胃炎の治療だけでなくピロリ菌の駆除にも使われている薬です。

パリエットとは、1997年に販売開始となった胃酸の分泌を抑える医薬品のことです。

 

 

プロトンポンプを阻害する働きがあり、胃炎や胃潰瘍など胃酸過多によって引き起こされる疾患に対して処方されます。

 

 

また、最近では胃炎治療薬としてだけではなく、胃ガンの原因としても知られるピロリ菌を駆除する目的でも用いられます。

 

パリエットのメリットは、ずばりその高い胃酸分泌抑制効果にあります。

 

 

胃酸分泌を司るプロトンポンプという成分の働きを強力に抑える力があり、現代では潰瘍や逆流性食道炎など様々な消化器系の疾患に重用されています。

 

 

デメリットとしては、服用を始めてから効果を得られるまで時間がかかることや、あまり継続して服用を続けると副作用が大きいために使用には日数制限があることなどが挙げられます。

 

 

また、日中は分泌抑制効果が確かに高いのですが、夜間になるとあまり効果が出ないという難点もあります。

 

潰瘍系の疾患にこのような胃酸抑制の薬が用いられるのは、傷となっている潰瘍部分に刺激の強い胃酸が触れることで悪化し、治癒が遅れてしまったり余計に悪化してしまうことが多いためです。

 

 

潰瘍ができている間は胃酸が少ない方が刺激が少なく、早期に治癒させることができるのです。

 

この薬の副作用としては、軽い下痢や便秘、味覚異常や発疹などが主に挙げられます。

 

 

発生率は決して高くなく、服用している人の約4%から12%ほどに症状が出現するとされています。

 

 

ただ、症状が現れたとしても軽微であることが多く、命や健康に重篤な影響を与えるようなものはほとんどありません。

 

 

比較的安全性の高い薬であると言えます。

 

 

ただ、何年もの長期に渡って服用を継続した場合、肝機能障害が出るケースも多いため、該当する患者は定期的に血液検査を行って異常がないかをチェックする必要があります。

 

 

ごく稀にアナフィラキシーショックや急性腎不全、視力障害などの重篤な副作用が現れることもありますが、無視できるレベルに近い発生頻度であり、過剰に心配する必要はありません。

胃酸の分泌を抑える薬

このように、パリエットは胃酸の分泌によってダメージを受ける症状の人にとっては非常に効果が高く安全な薬だと言えます。

 

 

潰瘍などの症状が酷くなるまで放置してしまった人は、取り急ぎ胃酸分泌を減らしてダメージを抑える必要があります。

 

 

このため、症状が急性期で薬効の高い薬が必要な人はパリエットの使用に適していると言えます。

 

 

ただ、一方では効果を得るまでに時間がかかるという点や、夜間にはあまり効果が出ないと言う点などから、即効性という面では問題が残ります。

 

 

このため、即効性や夜間の効果が欲しい場合には違う種類の胃酸分泌抑制薬を用いる必要があります。

 

 

このような薬としてはH2ブロッカーなどが挙げられ、日中の効果は及びませんが夜間の効果や即効性にはパリエットより優れてるというメリットもあります。

 

 

一般的に、プロトンポンプ阻害薬の場合は効果が出るまでに6時間前後かかるのに対し、H2ブロッカーは約2時間前後で済みます。

 

 

また、全体的な効力は弱めであるため、使用する日数にも制限はかかりません。

 

 

状況や個人の症状によって、この2種類の薬は使い分けられることが多い組み合わせとなっています。

 

パリエットは効果が強い代わりに使用日数に制限が定められているため、効くからと言っていつまでも使用し続ける訳にはいきません。

 

 

服用している期間が長く経過したり、症状が落ち着いてきた場合には使用を中止するか、他の効果の弱い薬に切り替える必要があります。

 

 

自分の判断で使用を継続したり中止すると、症状に悪影響を及ぼすリスクもあるため、必ずかかりつけの医師の指導に従うようにしましょう。