パリエット20mg

胃酸の分泌を抑えて胃潰瘍・逆流性食道炎を治療します。

パリエットは胃酸の分泌を抑えることで胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられる飲み薬で、ラベプラゾールを主成分としてプロトンポンプ阻害薬に分類されます。

 

 

胃酸は胃粘膜に存在する酵素によってプロトンポンプの役割を担い、ホルモンからの信号を受けることでカリウムイオンを取り込み酸を放出するようになっています。

 

しかし、パリエットによる作用は送られてくる信号を直前でブロックし、ポロトンポンプの役割を阻止することで強力に胃酸の分泌を抑えることが可能となっています。

 

 

これによって胸焼けや胃痛などが和らぎ、ストレスだけでなくアスピリンや鎮痛剤による胃潰瘍にも有意に働くようになっています。

 

 

国内では3番目に承認されたプロトンポンプ阻害薬で、難治性の潰瘍にも良く効果を発揮することから第一選択として使用されることが多かったのですが、4番目に承認されたプロトンポンプ阻害薬が誰にでもまんべんなく効果を発揮することから、パリエットを利用する機会が少なくなっています。

 

 

とはいえ、薬物相互作用が少なく、1日2回投与が可能なことから未だにこの系統の薬で優位性を持っています。

 

 

使い方次第ですが、他のプロトンポンプ阻害薬との違いや、特許が切れて安くなってきたことから、使い勝手は非常に良くなっているようです。