パリエット20mg

パリエットは、胃酸の分泌を抑制する胃薬です。

パリエットは、5mgと10mgと20mgの剤形もつ錠剤で、ラベプラゾールナトリウムが主成分となります、胃酸の分泌を抑制する内服薬になります。

 

 

パリエットの特徴は、胃酸を分泌するプロトポンプを阻害して、強い効果を発揮する胃薬になりますから、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に処方されています。

 

 

また、ピロリ菌の除菌を行う時にも補助剤として処方されています。

 

 

パリエットを服用しましたら、胃のなかで溶けることはなく腸内で溶けて吸収されていきますので、即効性の期待は低いものですが、副作用は便秘程度で軽いものといわれていますので、比較的安全性が高いとされています。

 

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の場合ですと、ラベプラゾールナトリウムとして、通常成人に1回10mgを1日1回服用しますが、病状によっては1回20mgを1日1回とされています。

 

 

高齢者や肝臓に疾患のある方、他の薬を服用している方などは、医師や薬剤師にしっかりと伝えておきましょう。

 

 

パリエットは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に対して、第一選択薬とされています。

 

 

胃酸の分泌を抑える強い力が期待されますので、医師の指示通りにパリエットを服用しましょう。