パリエット20mg

胃酸を抑えて潰瘍を治療します。

パリエットはプロトンポンプ阻害剤というタイプに分類される薬で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に使われる薬です。

 

 

いったい、プロトンポンプとは何か、それを阻害するとどうなるのかということを説明しましょう。

 

 

まず、ポンプというのはイメージがつくでしょうが、プロトンというのは聞いたことがない人も多いでしょう。

 

 

これは水素の陽イオンつまりH+のことを指す用語です。

 

 

普通に、水素イオンと呼ばれることもあります。理科の時間で習ったことを思い出して欲しいのですが、水素イオンH+とは酸性物質の本体です。

 

 

一方でアルカリ物質の本体は水酸化物イオンOH-ですね。

 

 

つまり、プロトンポンプとは、酸性物質の本体である水素イオンを運ぶポンプということになります。

 

 

だいたい想像がついてきたのではないでしょうか。

 

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍と、酸性物質といえば、つまりは胃酸が関係しています。

 

 

胃酸により、胃や十二指腸自身が傷害されて潰瘍が起きるわけです。プロトンポンプにより運ばれる胃酸を阻害することで、潰瘍が治ることが期待できるというわけです。

 

 

さて、結論が近くなりました。

 

 

結局、このポンプはどこにあるかというと、胃の細胞にある特徴的な化学構造なのです。

 

 

パリエットはこれを阻害する働きを持っています。